POLICY

【歌手になるために大切なこと】

「アーティストとして活躍したい」「アイドルに憧れている」「バンド活動をしたい」など、エンターテイメント業界に興味を抱く方は沢山いらっしゃいます。
しかし、興味があるにも関わらず、どのような活動を行えば良いのか分からずチャンスを逃す方は多いです。そこで、こちらでは「歌手になるために大切なこと」についてご紹介します。将来、歌手デビューを果たし、エンターテイメント業界で活躍したいと願う方はぜひご覧ください。

〜あなたを応援するファンを作る〜

「歌が上手ければ歌手になれる!」と考える方は多いです。もちろん、歌が上手いに越したことはありませんが、毎日ボイストレーニングを欠かさずに受けていれば、ある程度の歌唱力は身につきます。しかし、歌唱力を同じように大切なのは、あなたを応援するファンの存在です。

エンターテイメントのお仕事は多くの人々に夢や希望を与えます。アーティスト活動を続けるうえで、共感してくれるファンの存在が大きく影響してくるのです。まずは、見る人を楽しませるためにはどうすれば良いか考え、あなたを応援するファンを増やす努力をしましょう。

〜オリジナルソングを持つ〜

有名なアーティストの楽曲を複製し、高いパフォーマンスで注目を集める「コピーバンド」。知っている楽曲を演奏しているため、多くの人々に認知されやすいですが、いつまでもコピーしているようでは成長することはできません。

やはり、本物のアーティストとして活動するためには、オリジナル曲を持つことが必要不可欠です。自分で作詞・作曲をするのも良いですし、楽曲提供を行っている音楽事務所に依頼する方法もありますので、あなたに適したスタイルでオリジナルソングを作ることをおすすめします。

【ブランディング手法としてのイメージソング】

〜記憶に残りやすい「音」〜

映画やドラマの主題歌など、誰しも記憶に残る歌やメロディーがあるものです。例えば、毎年8月になると、高校野球に関連した曲を思い出すという方も多いのではないでしょうか。東京にも強豪校がありますが、ファンの中には全国の強豪校の校歌を覚えているという方も珍しくありません。また、好きだったドラマの主人公役をテレビで見ると、主題歌を思い出し口ずさんだりすることもあるでしょう。

ちょっとしたきっかけでも音は記憶と関連付けられやすく、長く記憶に残るものとなります。「記憶に残りやすい」という音が持つ特徴は、企業イメージをブランディングする上でも役立つものになります。

〜ブランディングの第1歩〜

ブランディングに成功するためには、ある段階を踏まえる必要があります。

1、知ってもらう
2、利用してもらう
3、信頼してもらう

ブランディングの手法としては作曲に限らず、商品名・サービス名・社名のロゴマークを作る、イメージ映像を作るといった方法も有効です。ただし、商品・サービス・会社がどの段階でのブランディングを必要としているのか、ご依頼いただく際にマーケティングを綿密に行うことでブランディング手法としての作曲やロゴマーク制作にも大きく影響があります。

〜企業イメージを演出する楽曲制作〜

ブランディングの段階やどのようなイメージを演出するのかによって、ブランディングの進め方や制作物の結果・イメージは違ったものになりますが楽曲制作も同様です。

例えば、ドラマの主題歌でも恋愛を主題にしたコメディタッチのものであれば明るい曲調のテーマソングが好まれますし、人間の命をテーマにした医療ドラマなどであればどうしても重厚な雰囲気のBGMとなります。CMソングでも新商品を知ってもらうならばなるべく新商品らしい勢いやフレッシュさのある楽曲がおすすめですし、顧客との信頼感を構築するならば安心感を与えられる落ち着いたメロディーラインや重厚な楽器が好まれます。

 

【マーケティング調査の基礎知識】

〜マーケティング調査とは〜

マーケティングとは商品やサービスが売れ続けるための仕組みづくりのことです。それを調査するということは、商品やサービス、会社そのものに対して顧客がどこに満足感を得ているのか、改善につながる要望はないのかなどを知るための調査をすることになります。KEY CREW SOUNDSでは東京近隣の企業様からイメージソング制作をご依頼いただくこともありますが、こうしたマーケティング調査の結果は音楽クリエイターが楽曲制作をさせていただく際にも重要な情報となります。

〜マーケティング調査の種類〜

そもそもマーケティング調査には定量調査と定性調査の2種類があります。

・定量調査

顧客の行動や態度を数値化する調査。例えば、インターネット調査や郵送調査など。

・定性調査

数値化することが難しい、顧客が潜在的に持っているニーズや意識を収集する調査。座談会やマンツーマンのインタビュー、サンプル使用調査など

例えば、スマホアプリゲームのコマンド操作やBGMについて、街頭やインターネットなどでYES/NOで応えられるアンケートを収集するのが定量調査、無作為に抽出した人にお試しでアプリを使ってもらい参考意見を収集するのが定性調査となります。調査地や調査対象の年齢・職業など、調査目的によって結果やそこから読み取れることは大きく違います。

〜イメージと価値のギャップを知る〜

マーケティング調査の大きな目的の一つには、企業が打ち出したいブランドイメージと顧客が求めているニーズの間にあるギャップを知るためということが挙げられます。このギャップを知ることで、ブランディングの手法や戦略に対するPDCAを実践することができます。音楽クリエイターや映像クリエイターは映像・楽曲を通して企業様の打ち出したいイメージと顧客ニーズのギャップを埋めることが仕事です。

【音楽に不可欠なリズム感とグルーヴ感】

音楽には様々な魅力があり、自由な表現が可能です。ゲームや特定商品や作品、企業のイメージソングなど音楽は人々にとって身近な存在ですが、曲の中には心地よいと思える曲があります。それは「リズム感」「グルーヴ感」によるものです。

〜リズム感とグルーヴ感って?〜

リズム感とは、一定のテンポを繰り返すことを意味します。「リズム感がある」とはメトロノームのように一定のテンポを継続できる力があるということです。そして、グルーヴ感とは音楽の「ノリ」のようなものです。人によって心地よいと思えるリズムは違うので、同じ曲を演奏しても人によって微妙なズレがあります。グルーヴ感とは、そのズレによって生み出される波やうねりを表現する言葉です。グルーヴ感はリズム感とは異なり、正解はありませんが、聞いていて心地よいと思える曲にはグルーヴ感が必要になってきます。

〜グルーヴ感の大切さ〜

グルーヴ感のある曲は、音に厚みがうまれ安定感があり、聞いていて気持ちがよいです。反対にグルーヴ感がないと、どれだけよい楽器を使ってよい曲を演奏しても、物足りなくなります。

〜グルーヴ感のある曲を〜

グルーヴ感のある音楽は聞いていて心地よく、人の記憶に残りやすくなります。グルーヴ感のある曲をアプリゲーム、BGM、イメージソングなどに利用することで、様々なメリットが得られることでしょう。グルーヴ感のある音楽を作るには、リズムや音の強弱、音程など様々な要素を組み合わせなければいけません。グルーヴ感のある曲が作れずお困りなら、音楽クリエイターに依頼することをおすすめします。

 

【映像の魅力】

たくさんの人から注目を集めることができるようなものを作りたいと考えられている方には、映像制作をおすすめします。映像は、イベントの集客率を高めるCMや販促映像、セミナーなどの教育ビデオなど様々な場面で使われています。こちらでは映像の魅力をご紹介いたします。

〜配信が簡単〜

パソコンが普及している現代では、インターネットを利用して短い時間で映像を簡単に配信することができるようになりました。インターネットで映像を配信することで、住んでいる地域の人に留まらず、県外、世界中へと簡単に映像を配信することができるという大きな魅力があります。

〜SEO対策としても有効的〜

自社のホームページを利用する方の滞在時間を延ばしたいと考えている方には、ホームページ上でも映像を配信することをおすすめします。インターネットを楽しんでいる時に、映像が流れているとついつい見入ってしまうという方はたくさんいらっしゃるでしょう。このように映像を取り入れることで、閲覧者の興味を引き出し、滞在時間を延ばすことができれば、SEO対策としても有効だと言えるのです。

〜紙媒体では不可能な奥行き〜

映像はなんと言っても、短い時間でストーリー性を取り入れることができるという大きな魅力があります。文字や音だけでは伝えることができないストーリー性を取り入れることで、伝えたいことも伝わりやすくなります。感動やおもしろさを取り入れた映像を制作すると、クライマックスに向けて閲覧者の興味を高めることができる作品となるでしょう。

 

【今さら聞けないデジタルサイネージの基礎】

〜そもそもデジタルサイネージとは?〜

映像制作の現場でも良く話題になるデジタルサイネージは、言葉として知っていても良くわからないという方もいらっしゃるかもしれません。デジタルサイネージとは、ネットワークにつながったディスプレイの映像で情報発信するシステムです。ディスプレイは屋外の公共施設や商業施設、街頭などに設置されています。東京都内でも渋谷や新宿、品川などに行くとビル内に設置されたディスプレイから流れてくるCMは決して珍しいものではありません。

〜映像活用の幅が広い〜

デジタルサイネージは、広告だけの活用に留まりません。例えば東京都内の駅に行くと、路線図や駅構内の案内図、各路線のダイヤなど大きなディスプレイで表示しているのも良く見かけるものです。イベント会場であれば、今後予定されているライブやセミナーなどのイベント情報が流れています。つまり、デジタルサイネージ向けの映像制作は販促を目的にした映像だけに留まらず、利用者に役立つ情報発信ツールとなります。

〜オンラインで効果的な映像配信〜

デジタルサイネージの利点として、各ディスプレイがコンテンツ配信をコントロールするサーバーにつながっているということが挙げられます。つまり、各ディスプレイに表示する映像を時間・場所・状況に応じて、映像をコントロールすることができるのです。例えば、東京都内にチェーン店のファミレスは数多くありますが、同じチェーン店でも場所や時間帯によって客層や売れ筋メニューは違います。デジタルサイネージを活用しておすすめメニューを配信するにしても、どのメニューを推すのか、いつどこの店舗で配信するのか、BGMの曲調といった要素によって広告効果は大きく違います。マーケティングをしっかりと行いそれに合わせた映像制作をすれば、効果的な広告映像の配信は決して難しくありません。

 

【フライヤー作成もできる音楽事務所】

音楽というのは、言葉がわからない国同士でも共通して楽しむことができるものです。音楽を聴くだけでなく、自分で演奏するのも好きな方もいらっしゃるでしょう。

中には、自分でバンドを組んでいる方も少なくありません。バンドを組んでいる方でしたら、イベントやコンサートなどをすることもあるでしょう。このような時に、プロミュージシャンの様に注目を集めたいなら、フライヤー作成がおすすめです。

東京にありますKEY CREW SOUNDSでは、ミュージックエンターテイメントに関連した事業を展開しています。音楽専門学校を卒業した5人で立ち上げた音楽事務所ですので、ミュージシャンとして活躍するためのノウハウを身につけています。5人それぞれが、得意としている音楽ジャンルや楽器が違うため、音楽に関して幅広い知識でサービスを提供することができます。楽曲クリエーターやアーティスト活動などもおこなっておりますが、ロゴマーク作成やフライヤー作成も得意としています。

ロゴやフライヤーなら、どこのデザイン会社でもおこなってくれると思われがちですが、音楽系のロゴ作成となると、通常のデザイン作成ではいけません。音楽が好きな人に興味を持ってもらえるデザインでなくてはいけませんし、ロゴとなるとバンドの顔になるものです。注目され、覚えられやすいデザイン作成をすることで、認知度を上げることもできます。KEY CREW SOUNDSでしたら、音楽に関するノウハウを身につけておりますので、注目されるフライヤーやロゴ作成をおこなうことができます。

バンドのイベントを成功させたいという方や、認知度を上げるためにロゴ作成をお考えの方は、是非KEY CREW SOUNDSにお任せ下さい。音楽に関して、幅広い知識と経験を持っているからできる、サービスの提供を目指しています。もちろん、プロとして活躍しているミュージシャンの方もご利用いただけます。ご予算や目的、ご要望などに出来る限り対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。